福岡、東京から沖縄まで!SDGsカードゲームの体験会を開催しました。

福岡・東京・沖縄・柳川などで2030SDGsカードゲームおよびSDGsで地方創生カードゲームの体験会を行い、たくさんの方にご参加いただきました。有難うございます。

どの回も、SDGsゲームの盛り上がりもさることながら、終了後の振りかえりでたくさんの気づきが生まれました。

・自分のゴールだけでなく、回りの人のゴールにも目を向けたら、世界が劇的に動き始めたのがおもしろかった。
・「お金」や「経済」だけではなく、他の指標にも目をむけたら、世界の状況がうごきはじめたのが興味深かった。
・他の参加者の呼びかけが大きくゲームを動かした。現実社会も同じだと思った。

ここで聞かれた「現実社会と同じだ」という声はよく聞かれる振り返りのひとつです。
現実社会でも、今回のゲームのように対話や協働を効果的に行いながら、持続可能な社会、地域を作っていけたら良いですね!

福岡、東京等での今後のカードゲームイベントの予定はこちらをご覧ください。

東京で2030SDGsカードゲームを実施しました。

今日(7月13日)は、東京・新宿で2030SDGsカードゲーム体験会を行いました。

今や未来に向かう地域づくりのキーワードとして欠かせなくなった「SDGs」(持続可能な開発目標)。20159月の国連サミットで採択され、2030年に向けて多くの国で様々な取り組みが始められています。日本でも自治体や企業が行動目標として掲げて活動をはじめています。

2030SDGsカードゲームは、このSDGsについて、楽しみながら学べる、体験型のワークショップです。

毎回さまざまな方が参加してくださいますが、今回も、環境団体の方、企業のSDGs推進担当の方、芸能関係の方から高校生まで。またはるばる長野から来てくださった方もいました。 “東京で2030SDGsカードゲームを実施しました。” の続きを読む

働き方メディアfledgeに記事が掲載されました。

働き方メディアfledgeに、

【移住者インタビュー】「地域おこし協力隊」から移住したワケ福岡県大川市

が掲載されました。

地域おこし隊を任期満了して定住を実現した方たちへのインタビューのシリーズで、毎回、地域おこし舎代表の阿部昭彦がインタビュー、執筆を行なっています。

※阿部昭彦自身の

「旅をしながら人の背中を押す」脱東京&地方移住を経てたどり着いた、定住しない移住のカタチ

こちらでお読みいただけます。

マイクロブックレット「うずしおへようこそ」が刊行されました

福岡県柳川市にある「えほん&スナックうずしお」のママ、堤由貴子さんの体験や思いをまとめたマイクロブックレット「うずしおへようこそ」が刊行されました。

インタビューから制作までを地域おこし舎が行いました。

“マイクロブックレット「うずしおへようこそ」が刊行されました” の続きを読む

柳川リノベマップができました!

地域おこしの一環として、福岡県柳川市のリノベーション物件の場所・情報等をまとめたリノベーションマップを作りました。
青いマークをクリックすると物件名が表示されます。
印刷用PDF(A3)はこちら えほん&スナックうずしお(柳川市京町51)
KATARO BASE 32(柳川市京町58)
Food laboratory yanagawa((柳川市隅町)
水引屋 MIGLOBE〜ミリオべ〜(柳川市旭町7ー1)
洋菓子店Le rond point(柳川市京町38−3)
ペチカ(柳川市沖端32)
ALMONDE(柳川市吉富町70)
柳川ゲストハウスほりわり(柳川市沖端町7)

『SDGs de 地方創生』ゲーム 体験会 in 福岡 を開催しました

今や未来に向かう地域づくりのキーワードとして欠かせなくなった「SDGs」(持続可能な開発目標)。2015年9月の国連サミットで採択され、2030年に向けて多くの国で様々な取り組みが始められています。日本でも自治体や企業が行動目標として掲げて活動をはじめています。

SDGsカードゲームをさまざまな場所で開催しています。

企業から民間まで、国内で10万人が体験し、国連でも採用されている「2030SDGsカードゲーム」と「SDGs de 地方創生カードゲーム」の公認ファシリテータとして、企業、自治体、学校など、様々な場所で研修、ワークショップをご提供しています。

公開講座開催についての最新情報はこちらでお知らせしています。

企業研修について詳しくはこちら